Q 補助金・助成金について必要準備書類がわからない

A 補助金・助成金は一定の条件を満たした企業や団体に資金を支給する制度で、返還の必要がないものをいいます。財務内容がわかる書類を求められることも多く、後で申請しようと思っているうちに期限が来てしまい、補助金・助成金が受けられなかったという勿体ない事例をよく聞きます。

私たちは最新の補助金・助成金情報を入手し、申請期限や補助金金額、申請手続等をお客様にお知らせするほか、必要なサポートをさせていただきますのでご安心ください。

 

Q 公的融資はどの金融機関から借りたらいいの?

A 公的融資は銀行融資を受けにくい中小企業を救済するために政府系金融機関が資金を貸し出す制度です。低金利もしくは有利な条件で借入ができますが、補助金・助成金と異なり返済が必要です。

ご融資の申し込みは、各政府系金融機関の窓口で行っています。政府系金融機関とは、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫を指します。日本政策金融公庫の「マル経融資」や「新創業融資制度」は無担保・無保証人で借りることができます。ただし医療業や農業といった特定の業種は対象外となります。

私たちは上記の政府系金融機関以外にも、用途に応じて金利、融資額、返済方法といった借入条件から最適な金融機関を抽出しご提案させていただきます。

 

Q 事業計画書はどのように作成するの?

A 金融支援を受ける際に提出が必要なのが決算書、試算表、月次資金繰り表、事業計画書などです。特に事業計画書は企業の将来性を判断するための重要な情報が詰まっているため、融資審査に大きな影響を与えます。融資成功の秘訣は、ポイントを押さえた事業計画書の作成といっても過言ではありません。

私たちは、融資支援に精通しており、しっかりポイントを押さえた独自のテンプレートを使用して融資実行までフルサポートします。

 

Q 一人で面談を受けるのは不安…

A 融資時の面談はとても緊張するものです。ましてや初めての融資時は、いったいどんなことを聞かれるのだろう、数字を細かく聞かれたらどうしよう、と不安になるのは至極当然のこと。

私たちは、面談サポートも行っておりますので、不安な場合は同席することも可能です。

 

ぜひ、融資・補助金・助成金でお悩みの方はお気軽にお問合せください。ご相談だけでも大丈夫です。

まずは無料相談。お問合せは24時間以内に返信

無料お問い合わせ

1分で簡単入力完了!今ならキャンペーン割引中!!

© 2021 福岡市中央区の相続・事業承継、節税に強い|みらいと税理士法人